Powered by ヨクナウィネ出版

ダイソンのサポート品質は実に素晴らしい

半年前に購入してから愛用しているダイソン製コードレス掃除機「Dyson V7」だが、先日ふいに動かなくなってしまった。

具体的な症状はこんな感じだ。充電器から取り外してMAXモードで起動すると、1秒ほどで止まってしまうのだ。LEDインジケーターは青点滅して、充電不足を示している。MAXじゃない通常モードなら動くのだが、やはりMAXモードだとダメだ。一度止まってしまうと、そのあと通常モードにしても動かない。ガジェット系男子の感覚だと、バッテリーが必要な電圧を提供していないという感じだ。

Dysonはサポートがしっかりしていると聞いたことがあったし、買ってから1年以内だったので、とりあえず連絡してみることにした。いろんなブログを見てみるとメールサポートが便利だと書いてあったが、ダイソンのウェブサイトを見てみたらメールは休止中とのこと。(2019年11月現在)

しかし、電話サポートは土日問わず大丈夫そうだったので、早速電話してみた。プッシュで必要なカテゴリーを選択すると、1分ほどの待ち時間ですぐにつながった。ちなみに、電話したのは土曜日である。土日なのに全然待たされない電話サポートなんて、普通ではありえないことだ。感動した。

電話先の人の対応はとても的確で、そして真摯だった。購入したときにユーザー登録を済ませてあったため、電話番号を伝えるだけで、掃除機の型番と保証期間内であることが伝わった。それから、症状を伝えたところ、バッテリーの不具合である可能性が高いということになった。すぐに代替のバッテリーを送るので、自分で交換して、古いものは廃棄すればいいとのことだ。

翌々日にはバッテリーが到着したので、早速交換した。必要なものはプラスドライバーだけで、作業はいたって簡単だった。そして、掃除機は無事に復活した。その後も不具合はまったく起きていない。

それにしても、ダイソンの掃除機は実に素晴らしい。というか、コードレス掃除機が素晴らしいのだと思う。掃除したいと思ったときに、電源につながなくても、あるいは電源が届かなくても使えるということが、これほどまでに便利だなんて、ダイソンを買うまで僕は知る由もなかった。車に持って行けるのもいい。

ただし、バッテリーの持ち時間は考えてから購入した方がいい。僕は気づいたときに必要な場所だけをサクッと掃除するタイプなので問題ないけど、週末に家中をまとめて掃除したいという人の場合は、途中で充電が切れてしまうこともあるだろう。しかし、ひとつ言えることは、ダイソンを買えば、週末にまとめて掃除する必要すらなくなるのではないだろうか。なんでもないときにサクッと掃除する習慣を、ダイソンは我々に与えてくれるからだ。

長くなってしまった。これ以上、ダイソンのレビュー的な記事を書くつもりはない。Amazonのレビューを見てくれればイナフだからだ。僕が使っているのはDyson V7だが、最新のDyson V7 Slimのリンクを貼っておこう。もちろん、V7も安くてオススメだ。より高級なモデルもたくさんあるが、僕的にはこのくらいがコスパ最強だと思っている。

サクッと掃除する習慣を得るためには、ひとつ条件がある。掃除機をリビングなどのアクセスのよい場所で壁掛けにすることだ。ダイソンは上位モデルのみ専用スタンドが付いてくるのだが、下位モデルでもしっかりした壁掛けキットが付いているので心配いらない。電源につないだ壁掛けキットを、リビングの壁や柱にビスで固定してしまえばOK牧場である。

壁から外せばすぐに使えて、終わって戻せば勝手に充電される。手の届くところにダイソンが存在していて、いつでもフル充電されていることが、普段の掃除をより簡単なものにしてくれるのだ。そういった意味では、ダイソンの価値は掃除機本体以上に、充電可能な壁掛けキットにあると僕は思っている。

ところで、賃貸に住んでいる人にとっては、壁に直接ネジを打つのはためらわれることもあるだろう。そこで、僕が使っているのは、2x4材を床と天井で突っ張るアイテムである。主力な商品は、ディアウォールとラブリコの2種類がある。正直なところどちらでもいいと思うけど、脚立がなくても設置できるディアウォールの方がどちらかと言えば簡単だ。

もちろん、2x4材も含めて、これらのアイテムはそこそこ大きいホームセンターなら置いてあるはずだ。床から天井までの正確な長さを測ったうえで、軽トラックでホームセンターに行くことをオススメする。

関係ないけど、年末になるとホームセンター行きたくなるし、行くと電動工具とか無性に欲しくなってしまうから要注意だ。よいお年をお迎え下さい。

買い物しようよ!

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメント

おや、コメントがまだありません。