風景写真のシャレオツなブックカバー(無料PDF)

前回の記事で紹介しました「PDFを印刷するだけの即席ブックカバー」ですが、案の定まったくリアクションありませんでした。それもそのはず、検索してみれば同じようなものが大量に出てくる。もちろんAmazonだってモダンでイケてるやつが全部無料でダウンロードできるわけで、検索上...

記事を開く

印刷するだけの文庫本用ブックカバーを作ってみた

例によってこの記事も前置きがメインのごとく長いので、本題のブックカバーPDFをダウンロードしたい方は、一番下までササッとスクロールしていただきたい。 ブックカバーって意外と選ぶの難しいよね みなさんは文庫本や新書にブックカバーを使う派だろうか? 最近は日本でも多くの書籍...

記事を開く

「みんなともだち」を正義だと信じていたあの頃

小学校や中学校のころ、年間を通して黒板の上に掲示されている「学級目標」というスローガンがあっただろうか。その多くは担任が勝手に決めるトップダウンなものだったはずだ。 そういう言葉って大人になっても意外と覚えているものだ。僕の場合、小学校低学年のときは「みんなともだち」、...

記事を開く

10年前に書かれた小説「首都感染」を読んでみた

たまたまAmazonがレコメンドしてきたものだから、Kindleでサンプルを読んでみた。Kindleのサンプルって結構長く読ませてくれて、そこまで読んで購入しないという選択肢は与えてくれないよね。ズルい。 今日紹介するのは「首都感染」という本である。 ごくごく簡単に説明...

記事を開く

冬の始まりに読みたくなる「木曜日にはココアを」

暖冬と言われている今年も、あと1ヶ月と少しを残すところになった。どの季節も気がついたら始まっていて、あっという間に過ぎ去ってしまう。でも、それこそが季節というものだ、と思う。 冬のはじまりは、ホットココアを飲みたくさせる。スターバックスに行くと、僕は四季を通してホットの...

記事を開く

学教教育は「おカネ」のことをほとんど教えてくれなかった

少し前にMoneytreeというアプリが大変素晴らしいという記事を書いたのだが、それはつまり、自分の金融資産が視覚的に把握できるという点においてである。現金預金がいくら、証券口座がいくら、クレジットカードの負債がいくら、といった具合に集計してくれるのだ。 ところで皆さん...

記事を開く

多様性なんて口先ばかりの世の中だけど

芥川賞を受賞したと話題になった村田沙耶香「コンビニ人間」、友人たちから読んだという話をちょくちょく聞いたので、気になって僕も読んでみることにした。ちなみに僕は、単行本はめったに買わず、文庫化されるのを待つ派である。だが、Kindle Paperwhiteを手に入れたおか...

記事を開く

朝井リョウ「少女は卒業しない」

朝井リョウの小説を読むのは、「桐島、部活やめるってよ」に続いて2冊目だ。今回紹介するのは、廃校になる高校の最後の卒業式を描いた短編集「少女は卒業しない」である。以前からずっと気になっていて、文庫化されたら読もうと思っていたのだが、全くその気配がないものだから、しかたなく...

記事を開く

石田衣良「うつくしい子ども」

積ん読を少しずつ読み進めているこのごろ。ずいぶん久しぶりに石田衣良を読んだ。本棚で眠っていた「うつくしい子ども」という小説で、それは1999年に単行本、2001年に文庫本が発売された。 緑豊かなニュータウンを騒然とさせた9歳の少女の殺人事件。犯人として補導されたのは、ぼ...

記事を開く

キャリアデザインという茶番

大学を卒業して社会人になって、早いもので半年が過ぎた。気がついたときには半世紀が過ぎていると思うと、恐ろしくなって戦慄が走る。まだなんとも、この感覚が正常なのかわからないが、僕の職場はそこそこ楽しい。そして、予想以上に「ホワイト」だ。本当にいいところに就職できたものだと...

記事を開く