Powered by ヨクナウィネ出版

微妙なところ

生活している上でいろいろと「微妙」なことがある。統一のなさはいらだちを呼び、ときに書類の山をゴミ箱にシュートしたくなる。

例えば、授業で配られるプリント。ちょいとグローバルな考えを持つ教授はA4だったりするが、一方で、B5あるいはB4なんかで配ってくれる教授も少なくない。最も微妙なのはB4の両面刷り。どうやって自分のファイルにアーカイブすればいいのだろうか、と考えているうちに90分は過ぎる。みんな異なるサイズでプリント配るものだから、自分のクリアフォルダーの中では常にB5のプリントが紛失しかける。急いでいるときに限って見つからない。やっぱり、今どきA4の片面刷りでしょ。総理でも知事でも市長でもいいから、誰か条例でも作って統一させてくれないかな、と最近本気で思う。

携帯の待ち受け画像を公開しているWebサイト「島田画廊」も、すっかり更新をサボったまま半年が過ぎてしまった。投稿ポエムがたまる一方で、本当に申し訳ないと思ってる。久しぶりに作ってアップしようと思い、写真を選びフォトショで開いた。ここまではいいのだが、画像サイズをどうすればいいのかという疑問にぶつかった。幅はQVGAで240px、VGAで480pxというのはいいんだが、問題は高さ。最近の端末はほとんどワイドかフルワイド、ひどいヤツだと更にワイドなのだ。せっかくなので、このblogのアクセス解析から「待ち受けサイズ」でソートしてみた。幅480、高さ640というのが基本的なVGA。高さ800がワイドVGA、854がフルワイドVGA。更にどこのメーカーだかしらんけど864ってのと、960ってのがあった。微妙なやつも含めて、幅480のものは高さが5種類あることが判明した。同様にQVGA系も5種類あるとすると、10種類ものサイズの画像を作らなければいけないということになる。それはさすがに無理でしょ。ていうか、統一してくれよ。せめても、標準、ワイド、フルワイドの3種類にしてくれよ。それなら計6種類作れば済むのに。まあ、文字の位置に気をつけて長いやつで作っとけば、ユーザーが勝手にトリミングして使ってくれればいいのかもしれないけど…。いろいろ考えるほどに嫌になって、原版のPSDファイルをデスクトップに保存したところで本日の作業は終わった。投稿してくれた方々、ごめんなさい。

買い物しようよ!

コメントを書き込む

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメント

おや、コメントがまだありません。