WindowsにインストールされたiTunesでiTunes Storeを表示すると、日本語部分が表示されないという困ったバグが、僕の環境では以前から常だった。文字化けとでも言うべきだろうか。これでは邦楽を検索したり購入したりするのにかなり不便である。調べてみると、なんらかのフォントが入っているためだとか、入っていないためだとか…正直よくわからなかった。

iTunes StoreといってもWebページだし、おそらくフォントを変更する方法くらいあるだろうと検索してみると、以下のCSSファイルで変更できることがわかった。

C:\Program Files\iTunes\iTunes.Resources\iTunes.css

ファイルの書き換えには管理者権限が必要になるので、テキストエディタをあらかじめ管理者として実行しておくといいだろう。最終行あたりに、以下を追加する。

フォントはお好みでいいと思うが、Windows 10の環境においては、Yu Gothic UIがもっともしっくりくるのではないだろうか。それから、iTunes Store側にも当然スタイルシートがあるだろうから、!importantを忘れてはならない。

調べているとiTunes自体のフォントも変更できるということがわかった。デフォルトはSegoe UIというフォントで、お世辞にも見やすいとは言えない。これもYu Gothic UIに変更してしまうことにした。こんど編集するファイルはこれ。ちなみに、iTunesをアップデートすると元に戻ってしまうので、都度やるしかない…。

C:\Program Files\iTunes\iTunes.Resources\ja.lproj\TextStyles.plist

これもまたテキストエディタで管理者権限で開く。
検索置換ツールで、"Segoe UI Semibold"を"Yu Gothic UI Semibold"に置換、"Segoe UI"を"Yu Gothic UI"に置換する。必ずこの順番で置換することをおすすめする。

ところで、この記事を最初に公開した2015年1月頃、遊ゴシック(Yu Gothic)ではなく、メイリオ(Meiryo)を推奨していた。しかし、Windows 10になってから、多くの人々がすっかり遊ゴシックに慣れ親しんだことは言うまでもなく、今後は遊ゴシックを推奨しようと思う。ちなみに、Yu Gothic UIのウェイトには、Light、Semilight、Regular、Semibold、Boldがあるらしい。

もちろん、メイリオ派の人に、上記の設定を押しつけるつもりはない。ただ、Meiryo UIにはSemiboldがなかった気がするので、Meiryo UI Boldを指定するとよいだろう。

メイリオといえば、Windows Vistaから導入されたフォントであり、その名前は「明瞭」に由来するだけあって、可読性を重視したフォントだ。僕はわりと好きだけど、嫌いな人も少なくないだろう。僕の友人にも「メイリオなんて絶対使わない」という人が何人かいる。分からなくもない。小さい文字ならいいのだが、大きくしたときのダサさは尋常じゃない。

ヒラギノ角ゴが入っている環境ならそれを使うけれど、職場のPCなんかで、MSゴシック、HGゴシック、そしてメイリオしか入っていない環境だったら、必然的にメイリオが選ばれることになるだろう。Wordで使うには行間設定が必須になるし不便極まりないのだが…。ちなみに、メイリオのボールドは力強くてなかなか使いやすいので、大きいフォントサイズで使うにもオススメである。

さて、余談もこのくらいにしておこう。

201501_itunes1

201501_itunes2

以上の変更をしたのち、iTunesを再起動してみたところ、iTunes Storeはきちんと表示されるようになり、iTunesのインターフェイスも大変見やすくなった。あまりの感動に、思わず西野カナのDarlingを購入してしまった…。ちなみに、上記の画像はMeiryo UIに設定しているものだ。

以下のウェブサイトを参考にさせていただきました。

この記事は2015年1月23日に公開したものを、2017年6月16日に改変したものです。