1ヶ月ほど前に自宅のルーターを買い換えた。Synology製のRT2600acである。ヤマハ製の業務用ルーターには劣るけれど、家庭用としては非常に高性能なルーターである。無線LANも搭載していて、11ac(Wi-Fi 5)に対応している。

日本国内に限っては、家庭用Wi-FiルーターといえばNECやバッファローが多くのシェアを占めていて、なかなかそれ以外のメーカーに関する情報が少ないのが実情だ。最近だとTP-LINKやASUSもガジェット好きにとっては選択肢になりつつあるが、Synologyはまだまだマイナー感が否めない。

僕も多少の不安を抱えながらAmazonで購入したわけだが、使ってみたところ、不安は一瞬にして消え去った。設定も簡単で、あまりにも快適なネット環境を実現できている。価格は多少高めではあるが、国内の主要メーカーを買うよりはよっぽどアリだと僕は思うし、もっとメジャーになればいいと思う。

ということで、今日は、Synology製ルーターの購入を検討している方のために、徹底的なレビュー記事を書くとにした。設定画面のスクリーンショットを載せまくっていく。本当の意味でのスペックというのは、価格.comで見比べて分かるものではないからね。

VPNの構築に関しては別の記事にまとめてあります。ご覧ください。

ホーム画面とメニュー画面

ウェブブラウザでルーターのIPアドレスを開くと管理画面が表示される。SynologyのNASを使ったことがある人なら馴染みのある、モダンなGUIだ。操作に迷うことはまずないだろう。

ホーム画面はモダンなGUI

左上のメニューボタンを押すと、アプリ一覧が表示される。パッケージセンターを開けば、いくつかのアプリケーションを追加することができる。VPNサーバー機能を追加するには「VPN Plus Server」をインストールする必要がある。

アプリ一覧

右上のユーザーアイコンをクリックすると、再起動などのメニューが表示される。

再起動やログイン関係のメニュー

コントロールパネル

コントロールパネルの各項目を紹介していく。

まずは「ユーザー」タブから。外付けストレージデバイスで共有フォルダ機能を使ったり、VPNサーバー機能を使ったりする際には、ユーザーを追加して権限を設定する必要がある。僕はとりあえず自分のアカウントしか作っていない。

ユーザー管理 (1) ユーザー
ユーザー管理 (2) パスワードの規則
ユーザー管理 (3) ドメインに参加
ユーザー管理 (4) LDAPクライアント

続いて「ファイルサービス」タブ。NASを持っていれば使うことはないだろうが、USBストレージやSDカードを用いて、簡易的なファイルサーバーとして使うことができる。SMB(Windowsファイルサーバー)やMacのファイルサービスに対応。FTPやWebDAVにも対応しているが、あまり使う機会はなさそう。

ファイルサービス (1) Win/Mac
ファイルサービス (2) FTP
ファイルサービス (3) WebDAV

あまり特筆すべきことはないが、以下「サービス」タブ。

サービス (1) System Services
サービス (2) アプリケーションの権限
サービス (3) 証明書

「通知」タブでは、ルーターの状態を知らせてくれるための設定ができる。Eメールは任意のSMTPサーバーを設定可能だ。

通知 (1) 電子メール
通知 (2) SMS

SMTPサーバーが用意できなくても、Synologyからメール通知を受け取ることも可能。また、スマホに専用アプリをインストールすれば、プッシュ通知も可能だ。この辺の汎用性は地味に素晴らしい。

通知 (3) プッシュサービス
通知 (4) 詳細

続いて、「デバイス」タブ。スペック情報が表示される。

デバイス (1) システム情報

リビングや寝室で使う場合には、LEDインジケーターを点灯させる時間帯を選択することができる。ちなみに、デフォルトでもそれほどまぶしいLEDではないが、就寝時間帯はオフにしておくのがオツである。

デバイス (2) LEDではない。

ネットワーク上のプリンターをインストールできる。ためしにCanonのインクジェットプリンターをインストールしてみた。Google Cloud Printを設定すれば外出先から印刷ができるものと思われる。まあ、プリンター自体にもGoogle Cloud Printの機能がついているし、そもそも、VPN接続すればローカルネットワーク上のプリンターにもアクセス可能なわけで、あまり使う機会はなさそう。

デバイス (3) プリンタ

自動リブート(再起動)の設定をすることができる。僕はとくに設定していないが、特に不安定になったりしたことは今のところない。ちなみに再起動にかかる時間は、しっかり計測したわけじゃないけど、体感的に5分くらいかな。

ただ、某NEC製ルーターのように、設定を変更する際にいちいち再起動を要求されることがないのは高得点である。以前に使っていたNEC製は、インターネットやWi-Fiの設定ひとつ変更するたびに再起動が必要だったからね…。

デバイス (4) 再ブート スケジュール

「システム」タブの1つめはファームウェアの更新。結構頻繁にアップデートがあるらしいが、僕は今のところ最初に起動したときに1回アップデートしただけだ。また、ルーター全体の設定をファイルにエクスポートできる。念のために保存しておくのがいいだろう。

システム (1) 更新と復元
システム (2) システム データベース
システム (3) SRMの設定

初回起動時にタイムゾーンが違っていることがあるらしいので、GMT+09:00に設定されているか確認しよう。また、僕はNTPサーバーを ntp.nict.jp に設定した。

システム (4) 地域のオプション
システム (5)
システム (6)

コントロールパネルのスクリーンショットは以上である。続いて、ネットワークセンターを紹介していく。

ページを移動: 1 2 3 4