どうも、こんばんは。ガジェット系ミュージシャン(笑)のIPPEIです。

最近はアナログレコードがブームだとかで、街角の小さなショップだけでなく、ブックオフなんかでも中古レコードが販売されている。アメリカでは(もはや売れなくなって久しい)CDよりも、レコードの方が多く売れているという、逆転現象が起こっているらしい。マジかよ。

まあ、たしかに今日日、よっぽど推しているアーティストでない限りは、アナログだろうがデジタルだろうが、わざわざ円盤を買って聞くということはしないよね。TSUTAYAで借りてきてiTunesに入れることでさえ、ご無沙汰かもしれない。SpotifyやApple Musicでイナフだもんな。

オーディオテクニカの「サウンドバーガー」はUSB電源で動いてBluetooth搭載の次世代アナログプレーヤーだ

さて、前置きはこのくらいにしておこう。今日紹介するガジェットは、アナログレコードプレーヤーだ。デジタル好きの僕が思わずポチった理由がつまっている。

オーディオメーカーとして知らない人はいないだろうオーディオテクニカから発売されている、最新型のレコードプレーヤー、サウンドバーガー(AT-SB727)である。

レコードに馴染みのない僕としては、CDプレーヤーくらいのサイズをイメージしていたのだが、想像の倍以上の大きさだった。デジタルネイティブ世代のために一応言っておくと、LP盤の直径は12インチ(約30cm)である。

サウンドバーガーという名前のとおり、ディスクを挟み込むことで省スペース化を実現している。従来のレコードプレーヤーの3分の1ほどの面積に設置できて、持ち運びも簡単だ。LINE出力とBluetoothを備えており、もちろん電源はUSBだ。充電式で最大12時間のバッテリー駆動も可能。カーオーディオと接続して…なんてことを考えるヤツはいないだろうな。

操作は簡単だ。電源ボタンと回転数切り替えボタン、写真には写っていないが側面にBluetoothボタンがある。長押しでペアリングモードになる。

開くとこんな感じだ。針をいったん避けておいて、レコードをセットする。LP盤の場合は、円盤の上からアダプターを重ねてフタを閉める。

残念ながら、このプレーヤーはオートではない。針をレコードの上に移動すると自動的に回転が始まる。再生が終わったら自分で針をレコードの外側に移動しなければならない。

さて、肝心の音質はどうだろう。

おや、悪くない。この価格と利便性からすれば、遠慮なく言って星5つである。

ちなみに、上の動画に入っている音声は、YAMAHAのサウンドバーから再生しているものだが、デジカメの内蔵マイクで拾った音なので、音質の善し悪しは参考にならないだろう。

何十万円もするアンプやスピーカーの仲間に入れて使うには、ちょっと力不足になってしまうのかもしれない。普段使いのサウンドバーからBluetoothで再生する分には、十分に上等な音質だ。サウンドバーでサウンドバーガーを再生とは、ややオツである。

それこそ、スマホからBluetoothで簡単になんでも再生できる時代ではあるが、ちょっと一手間かけてアナログレコードを聴くのも、たまには悪くない。