Happy New Year 2014

ひとつ歳をとるたびに一年が短く感じられるようになるから覚悟しておきなさい。小学校のとき、先生が言っていたことはほとんど正しかった。学生を卒業して働きはじめた2013年は、本当に一瞬で、気がついたら年が明けていた。 気がついたことがある。仕事を始めたことで自分の時間が少な...

記事を開く

秋のおわりの短歌たち「清秋の恋」

恋をして「フランク2で待つ!」という暗号をふと思い出すだけ いやしかし、彼氏がいるとかいないとか。そんなの関係ない、はいおぱぴ。 ルービックキューブのように人生はすべてがうまくいくわけじゃない 6面がすべてそろわなくても きっと人生はそれでイナフだと思う トニックな恋愛...

記事を開く

夏の終わりの短歌集「台風一過」

コンタクトレンズを使ってみたいなと わけあって少し思ってる秋 「このファイルPDFにしたいのよ」 書き換えれない思い出もまた 恋をしていたひとからの突然の電話は僕を秋へ連れてく マジだった 君に惚れてたあの夏もいまは思い出 台風一過

記事を開く

春あるいは梅雨の短歌たち「季節は過ぎて」

自身のTwitterをさかのぼって"#tanka"を含むツイートを数えれば、そのときにどのくらい恋をしていたかがわかる。そして、それらの歌から、当時の気持ちがわりと詳細に思い出される。そういう点で、短歌は写真に近いものがある。 2013年3月から6月の短歌をまとめた。 ...

記事を開く

君の目を 見れずに夏は 過ぎたけど

それは先日のこと。高校時代の写真部の何人かで久しぶりに集まった。そのとき、夏も終わるし俳句でも詠もうと、石橋が言った。 俳句というのは、究極的に短いポエムだ。だって、短歌よりも短い。人々は昔から俳句や短歌といった、たった一行のポエムを作り、ときには女性にそれを送り、そし...

記事を開く

I'll Remember April

かずひろマンと君と僕 '13 春 ― 今年度の最後を飾る写真は、やっぱりこれだと思う。たぶん、これしかない。 なんだかんだいって、ここまで仲良くなるとは正直思いもしなかった。高校に入学して、クラスに同じ中学のヤツはいなくて、とてつもなく不安で、そんなとき僕の後ろの席だっ...

記事を開く

いいね!の閾値

案の定、Facebookをやめることはできなかった。強い依存性があるとは聞いていたが、ここまで激しいものだとは思いもしなかった。iPhoneからアプリを削除したり、ブラウザのブックマークを削除してみたりと、様々な対策を講じてみた。だが結局、数週間でまた同じように開くよう...

記事を開く

安定感みたいなもの

先日、富士山を撮りに行ってきた。昨年の秋に山梨の昇仙峡から撮ったときから、もう少し近くで撮りたいと思っていた。一番長いレンズでも50mmまでしかないので、壮大な富士を撮るには自分が近づくほかにないのだ。というわけで、今回は河口湖の北から撮ってみた。時間帯は午後3時~4時...

記事を開く

春の歌

すごく久しぶりにスピッツを借りてきて聞いている。少しずつ暖かくなっていく春のBGMには、それはあまりにも心地よい。特に春を歌っている曲ばかりというわけではないのだが、静かな夜にこうしてボリュームをしぼって聞いていると、明日の来ることを待ち遠しく思わせる。 聞いているのは...

記事を開く

主体性のない部活動なんて

数日前にNHKの「Rの法則」という番組が体罰について扱っていたので、とりあえず録画しておいて見てみた。まあ、机上ならぬテレビ上の議論という感じは否めなかったけど、北村弁護士がアツかったし、そこそこ面白かった。 ここ数週間の体罰についての議論をいろいろ見ていると、おおまか...

記事を開く